ニキビは化粧水を変えるだけで治すことができる

  1. ホーム
  2. 殺菌成分で清潔な肌にする

殺菌成分で清潔な肌にする

鏡を見る人

乾燥を防いでニキビをケア

ニキビが何度も繰り返し出来るので、どうすれば綺麗な肌を保てるのかとお悩みなら、ニキビ肌専用化粧水を利用するようにしてください。一般の化粧水とは異なる成分が含まれていることなので、しつこいニキビを対策したいときにはメリットがあります。殺菌作用のある成分のひとつにイソプロピルメチルフェノールがあります。これを配合した化粧水を肌につけると、顔ニキビの原因であるアクネ菌を抑制できるだけでなく、抗真菌作用により、背中ニキビの原因といわれるマラセチア菌までも殺菌可能なので、顔と背中の両方のケアに役立ちます。またグリチルリチン酸ジカリウムを配合した化粧水を使えば、抗炎症作用により、赤ニキビのような炎症を伴う吹き出物に効果があります。赤ニキビがたくさん出来ると、ファンデーションのノリが悪くなるので、炎症を鎮めたいときは肌に浸透させるようにしてください。サリチル酸という成分には防腐作用があるので、アクネ菌の繁殖を抑える目的で、化粧水に配合されていることがあります。サリチル酸には古い角質を除去する効果もありますが、バリア機能が破壊されて乾燥しやすい肌になるので、注意して使うようにしましょう。肌のバリア機能の低下もニキビの原因なので、化粧水を選ぶときは保湿成分が含まれたものを選ぶことが大切です。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っていれば、お肌の乾燥を防げるので、バリア機能の低下を抑えてニキビの出来にくい肌に導けます。